タグ別アーカイブ: webfont

Noto Sans JPの使い方 2018

何週間か前に書いたと思っていた記事が見当たらないのでメモ。
下記の2016年の記事が閲覧ランキングに上がっていたので、8月の案件で再度調べたときの参考URLをちょいちょい補足します。

Noto Sans JPをCDN経由で使う

2018/8/27にツイッターで投稿されてた劇的にロードが早くなった日本語漢字フォント、にはいっていました

https://fonts.google.com/?subset=japanese

これはアーリーアクセスでなくても早くなったってことなのかしらね。
続きを読む Noto Sans JPの使い方 2018

Noto Sans JPをCDN経由で使う

[add 25/09/2018]
補足記事を書きました。

Noto Sans JPの使い方 2018


[/add 25/09/2018]
この記事の本文は以下

Noto Sans JPをWebフォントで使おうと普通に検索したらDLしてサーバーに上げる方法しか出てこない。CDN主流じゃないの?googleさんCDN用意してないの???なんでなんでなんでってなった時にまとめ記事もらった

続きを読む Noto Sans JPをCDN経由で使う

webフォント(2015)

そろそろつかいましょうという話がふえてきたので

service

FONTPLUS|フォントプラス
http://webfont.fontplus.jp/

TypeSquare [タイプスクウェア]
http://typesquare.com/

どっちがいいのん

WebフォントをTypeSquareからFontPlusに変えることになった | 高橋文樹.com

WebフォントをTypeSquareからFontPlusに変えることになった

どっちもほぼ同じみたいな感じの扱いだけど、
なんか今のところ老舗のfontplusでいいかな〜って感じ

アンチエイリアス

CSS – フォントのアンチエイリアス指定 – Qiita
http://qiita.com/tsukaguitar/items/d0dcc3057bde99347212

フォントのアンチエイリアスが効かないwin環境は実際にモック見ながら検証したほうが良さそう

safariで微妙に太く表示されるフォントを、他のブラウザに合わせる。 | 乱雑モックアップ

safariで微妙に太く表示されるフォントを、他のブラウザに合わせる。

そのた

日本語Webフォントのスライド資料と技術情報 in HTML5fun | FONTPLUS 関口浩之~
http://fontplus.sakura.ne.jp/html5fun20150305/

FONTPLUSについて

プラン

FONTPLUS|サービス比較
http://webfont.fontplus.jp/service/explain

動的コンテンツ向きのスマートライセンスと、
静的コンテンツ向きのバリューライセンス

動的コンテンツ

スマートライセンスを使っていても、loadの時の情報にもとづいてフォントを出しているので、外部APIから値取得して表示、とかやると元のフォントで入っちゃう。なのでFONTPLUSのAPIからリロードする
FONTPLUS|よくある質問
https://webfont.fontplus.jp/faq/view/NDBvJK10xxs%3D

フォームパーツ部分はwebフォントが使えず、font-familyが無効として上書きされてしまうので、別フォントで代用するかAPIたたくか(別フォントが無難。。。)

最新追記欄

[2015.6.19]
Typekitにも同様のさーびすが。基本FONTPLUSのスマートライセンス的な使い方するみたいだけど、1文字ごとのAPIでのLoadとかが出来るらしい。必要なフォント入ってれば使ってみたい。

The Typekit Blog | 日本のお客様へ。日本および東アジアのWebフォントへの対応と新しいフォント選択ツールに関するお知らせ。
http://blog.typekit.com/alternate/typekit-j-announce-jp/