「wp」カテゴリーアーカイブ

さよならSearchEverything

ACFの検索結果にSearchEverythingを長年使ってたけどそろそろ3年メンテされていない&検索文章や結果に半角スペースあるとバグるので乗り換えてみる。

そのまんま。乗り換えてみました。

参考URL

カスタムフィールドも検索対象にできるプラグイン「Relevanssi」

カスタムフィールドも検索対象にできるプラグイン「Relevanssi」

Indexing only some visible custom fields | Relevanssi

Indexing only some visible custom fields

Relevanssi and Polylang | Relevanssi

Relevanssi and Polylang

Manual search results filtering | Relevanssi

Manual search results filtering

基本は

設定画面からカスタムフィールドを含むように指定

設定画面から抜粋文の作成とハイライトを指定

抜粋文や結果に出したくないACFの種類をフィルターを使って除外

手動でインデックスさせる

でdone。
ハイライトも抜粋文もばっちり。重くならないか心配だけどしばらく使ってみる。

Bogoで記事を複製・更新するとスラッグに-2がつくトラブルを回避

どこにも情報無いなーと思ったら、ドンピシャでこれっぽいのでメモしておく。

結論:新エディタ(Gutenberg・グーテンベルグ)との処理のバッティングのよう

編集するとスラッグが変わってしまう | WordPress.org https://wordpress.org/support/topic/%e7%b7%a8%e9%9b%86%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99/

情報ありがたい〜。というわけで

対策としては2つ

  • functions.phpに処理を追記して一時的に回避
  • クラシックエディタ(WP公式プラグイン)を有効にする

のどちらかかな。いったん。

方法1)functions.phpに処理を追記して一時的に回避

functions.phpに下記を追加

function slug_filter_function( $override_slug, $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent ){
    $override_slug = $slug;
    return $override_slug;
}
add_filter( 'pre_wp_unique_post_slug', 'slug_filter_function', 10, 6 );

リンクだけだと情報がなくなっていくこんな世の中なので抜粋。
ありがたい・・・。

方法2)クラシックエディタ(WP公式プラグイン)を有効にする

クラシックエディタを有効化すると回避できた模様

エディタのせいならクラシックエディタ使えばその処理通らないのでは?と思ってクラシックエディタDLして有効化。
するとどうやら回避できた模様です。
今回のコンテンツはほとんどACFだし、グーテンベルグ移行するひとが多くなると、
このままクラシックエディタの寿命は延びないだろうし、いざとなればすぐ戻せるし、
一旦上記はコメントアウトして様子を見ることにしました。
クラシックエディタよ、永遠にそばにいて・・・(どうなることやら)。

他にクイック編集だとスラッグが変えられるという情報もあって、最初はそれで頑張ってたけど手間がすごい・・・。

Bogoで別言語記事を更新するとスラッグに-2がつくトラブルを回避

どこにも情報無いなーと思ったら、ドンピシャでこれっぽいのでメモしておく。

新エディタとの処理のバッティングのよう

編集するとスラッグが変わってしまう | WordPress.org https://wordpress.org/support/topic/%e7%b7%a8%e9%9b%86%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99/

というわけで

WP5系で発生する bogo + 新エディタでのスラッグに-2がつくトラブル回避にはfunctions.phpに下記を追加。

function slug_filter_function( $override_slug, $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent ){
    $override_slug = $slug;
    return $override_slug;
}

add_filter( ‘pre_wp_unique_post_slug’, ‘slug_filter_function’, 10, 6 );

リンクだけだと情報がなくなっていくこんな世の中なので抜粋。

もしくはクラシックエディタを使う

クラシックエディタだと不要そうなので一旦上記はコメントアウト

他にクイック編集だとスラッグが変えられるという情報もあって、最初はそれで頑張ってたけど手間がすごい・・・。

さくらの「バックアップ&ステージング機能」 はカカフカカ。うちのWordPressがくっそ重いのでPHP設定を変更してみた

ブログの表示速度が遅くてええかげん我慢の限界なのと、やっとこ時間が出来たのでPHPのバージョンを上げてみた。
ついでにWPプラグインの更新も一切合切してみた。
バグると怖いので、

以前案件で使おうとしてやめたさくらの「バックアップ&ステージング機能」を試しに使ってみた

以前の記事

さくらの バックアップ&ステージング機能使おうとしてやめた


続きを読む さくらの「バックアップ&ステージング機能」 はカカフカカ。うちのWordPressがくっそ重いのでPHP設定を変更してみた

さくらの バックアップ&ステージング機能使おうとしてやめた

2019の年明け?くらいにアナウンスが来ていた機能、使おうと思って途中でやめた話。

バックアップ&ステージング – レンタルサーバーはさくらインターネット
https://www.sakura.ne.jp/function/backup_staging.html

私はいつも構築したサイトが本番公開されたら(もしくはされる前から並行して)テスト環境を別に作るのですが、
どうしてもWP運用後とかだと差分があって、毎回DB移植とかめんどいので差異はでるのですよね。
なのでそんな事前準備だとか差分マージだとか考えずに手軽に本番をコピーしたテスト環境が出来るならいいな、って思って、
試してみようとざっと使い方調べてみました。
そしてやめましたw

一旦やめた理由

これ。


続きを読む さくらの バックアップ&ステージング機能使おうとしてやめた

WPクラシックエディターって2021年末で更新されなくなっちゃうんだね・・・

WP主戦場じゃないので、後手後手で対応しているhirokonaです。
現状5.1.1が出ましたが、そろそろ5にするタイミングかな〜と思ってたらこんな記事めっかった。
Classic Editor Plugin Support Window – Make WordPress Core

Classic Editor Plugin Support Window

The Classic Editor plugin will be officially supported until December 31, 2021.

そうですか・・・2021年末まで。長いような短いような。。。
あと二年半強くらい。それまでにグーテンタークみたいな名前の新エディタでの作り方を覚えろよ、と・・・

ちなそろそろ移行記事いっぱいあるかな〜と思ったけど、静観してる人が多くてあんまなかった。
これに書いてたけどWP5からはWP Multibyte Patchがデフォで入ってないのね。めっもめも。
【基本】バージョンアップしたWordPress5って、それまでと何が違うの? | わかるWeb

【基本】バージョンアップしたWordPress5って、それまでと何が違うの?

tabが重いので退避

WP関連

このクソテンプレートめ!とメロスが叫んだ瞬間

【WP】headの内容がなぜかbodyに – keytail – キーテイル
【WP】headの内容がなぜかbodyに

デベロッパーツールで見かけたの正体 | にふのて
http://nifunote.com/web/21/

トピック: headがおかしい | WordPress.org
https://ja.wordpress.org/support/topic/head%e3%81%8c%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%84/

びっくりするやんけわれ

WordPressでphp7.2にした時にWarning: count()が出た場合の治し方(コピペ可)|株式会社アルラボ

WordPressでphp7.2にした時にWarning: count()が出た場合の治し方(コピペ可)

へー

public => falseなカスタム投稿タイプのとき、更新時に出る記事へのリンクを消す – モンキーレンチ
https://2inc.org/blog/2013/02/07/2683/

ありがたや

WordPressで記事を見出し付きで50音順に一覧表示する方法 | Web制作ナビ
https://www.webtoolnavi.com/wordpress-yomi-list/

まだまだWelcart本家CSSに邪魔されてる感ある

【WordPress】プラグイン[Welcart]を利用時に読み込まれるCSS「usces_cart.css」を無効化する方法 – ONZE

【WordPress】プラグイン[Welcart]を利用時に読み込まれるCSS「usces_cart.css」を無効化する方法

すでにつかってたわ

【WordPress】投稿記事の総数を取得・表示したいときは[wp_count_posts()]を使いましょう。 – ONZE

【WordPress】投稿記事の総数を取得・表示したいときは[wp_count_posts()]を使いましょう。

Welcartのこと、初めてのときに調べたこと羅列

忙しいので箇条書き

タブを閉じる前にメモ

基本出力内容のカスタムはフィルターフックで書く

usces_get_cart_rowsのフィルターフックについて – Welcart コミュニティー|ECサイト構築プラグイン

usces_get_cart_rowsのフィルターフックについて

Welcart のカスタマイズとフック

Welcart のカスタマイズとフック

ボタンもフィルターフック
続きを読む Welcartのこと、初めてのときに調べたこと羅列

【WordPress5.0】がリリースされました。WPが主戦場ではない開発者の皆様に置かれましては、くれぐれも【更新にはご注意を】。

詳しくは下記URLにまとめてくださっています。

WordPress5.0のメジャーアップデートの注意点と対応

へぇ〜次期バージョンの新しいエディタ楽しそうやな〜ってあははうふふしてたら!

新エディタではdiv,消えるってよ。

Youの使ってるエディタカスタム系プラグイン、ほんとに対応しちゃってる???

え?

こわっ!
続きを読む 【WordPress5.0】がリリースされました。WPが主戦場ではない開発者の皆様に置かれましては、くれぐれも【更新にはご注意を】。