「wordpress」タグアーカイブ

Bogoで記事を複製・更新するとスラッグに-2がつくトラブルを回避

どこにも情報無いなーと思ったら、ドンピシャでこれっぽいのでメモしておく。

結論:新エディタ(Gutenberg・グーテンベルグ)との処理のバッティングのよう

編集するとスラッグが変わってしまう | WordPress.org https://wordpress.org/support/topic/%e7%b7%a8%e9%9b%86%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99/

情報ありがたい〜。というわけで

対策としては2つ

  • functions.phpに処理を追記して一時的に回避
  • クラシックエディタ(WP公式プラグイン)を有効にする

のどちらかかな。いったん。

方法1)functions.phpに処理を追記して一時的に回避

functions.phpに下記を追加

function slug_filter_function( $override_slug, $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent ){
    $override_slug = $slug;
    return $override_slug;
}
add_filter( 'pre_wp_unique_post_slug', 'slug_filter_function', 10, 6 );

リンクだけだと情報がなくなっていくこんな世の中なので抜粋。
ありがたい・・・。

方法2)クラシックエディタ(WP公式プラグイン)を有効にする

クラシックエディタを有効化すると回避できた模様

エディタのせいならクラシックエディタ使えばその処理通らないのでは?と思ってクラシックエディタDLして有効化。
するとどうやら回避できた模様です。
今回のコンテンツはほとんどACFだし、グーテンベルグ移行するひとが多くなると、
このままクラシックエディタの寿命は延びないだろうし、いざとなればすぐ戻せるし、
一旦上記はコメントアウトして様子を見ることにしました。
クラシックエディタよ、永遠にそばにいて・・・(どうなることやら)。

他にクイック編集だとスラッグが変えられるという情報もあって、最初はそれで頑張ってたけど手間がすごい・・・。

Bogoで別言語記事を更新するとスラッグに-2がつくトラブルを回避

どこにも情報無いなーと思ったら、ドンピシャでこれっぽいのでメモしておく。

新エディタとの処理のバッティングのよう

編集するとスラッグが変わってしまう | WordPress.org https://wordpress.org/support/topic/%e7%b7%a8%e9%9b%86%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99/

というわけで

WP5系で発生する bogo + 新エディタでのスラッグに-2がつくトラブル回避にはfunctions.phpに下記を追加。

function slug_filter_function( $override_slug, $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent ){
    $override_slug = $slug;
    return $override_slug;
}

add_filter( ‘pre_wp_unique_post_slug’, ‘slug_filter_function’, 10, 6 );

リンクだけだと情報がなくなっていくこんな世の中なので抜粋。

もしくはクラシックエディタを使う

クラシックエディタだと不要そうなので一旦上記はコメントアウト

他にクイック編集だとスラッグが変えられるという情報もあって、最初はそれで頑張ってたけど手間がすごい・・・。

Bogoで別言語記事を作成・更新するとスラッグに-2がつくトラブルを回避

[add 2020.03.10]
昨年末らへんの記事?なんか下書きになってたっぽいので公開しとく
[/add 2020.03.10]

どこにも情報無いなーと思ったら、ドンピシャでこれっぽいのでメモしておく。

結論:新エディタとの処理のバッティングのよう

編集するとスラッグが変わってしまう | WordPress.org https://wordpress.org/support/topic/%e7%b7%a8%e9%9b%86%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99/

というわけで対策としては

  • functions.phpに処理を追記して一時的に回避
  • クラシックエディタ(WP公式プラグイン)を有効にする

のどちらかかな。いったん。

方法1)functions.phpに処理を追記して一時的に回避

WP5系で発生する bogo + 新エディタでのスラッグに-2がつくトラブル回避にはfunctions.phpに下記を追加。

function slug_filter_function( $override_slug, $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent ){
    $override_slug = $slug;
    return $override_slug;
}
add_filter( 'pre_wp_unique_post_slug', 'slug_filter_function', 10, 6 );

リンクだけだと情報がなくなっていくこんな世の中なので抜粋。
ありがたい・・・。

方法2)クラシックエディタ(WP公式プラグイン)を有効にする

クラシックエディタを有効化すると回避できた模様

コンテンツほとんどACFだし、クラシックエディタを有効化すると不要そうになったので、
一旦上記はコメントアウトして様子を見ることにしました。
クラシックエディタよ、永遠にそばにいて・・・(どうなることやら)。

他にクイック編集だとスラッグが変えられるという情報もあって、最初はそれで頑張ってたけど手間がすごい・・・。

記事本文の不要なbrやpを削除するやつがACFでうごかない

そらそうや。functionsに記事本文しか追記してなかった。

// 記事本文の不要なbrやpを削除する
// WordPressの自動整形(ビジュアルエディタ含む)を無効にする方法 - Qiita
// http://qiita.com/jyokyoku/items/c560b0d1eacc1df61620
remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );
remove_filter( 'the_content', 'wptexturize' );
// Removing Paragraph Tags from WYSIWYG Fields? - ACF Support
// https://support.advancedcustomfields.com/forums/topic/removing-paragraph-tags-from-wysiwyg-fields/
remove_filter ('acf_the_content', 'wpautop');
remove_filter ('acf_the_content', 'wptexturize');