さくらの バックアップ&ステージング機能使おうとしてやめた

2019の年明け?くらいにアナウンスが来ていた機能、使おうと思って途中でやめた話。

バックアップ&ステージング – レンタルサーバーはさくらインターネット
https://www.sakura.ne.jp/function/backup_staging.html

私はいつも構築したサイトが本番公開されたら(もしくはされる前から並行して)テスト環境を別に作るのですが、
どうしてもWP運用後とかだと差分があって、毎回DB移植とかめんどいので差異はでるのですよね。
なのでそんな事前準備だとか差分マージだとか考えずに手軽に本番をコピーしたテスト環境が出来るならいいな、って思って、
試してみようとざっと使い方調べてみました。
そしてやめましたw

一旦やめた理由

これ。



↑これ間違ってる。10回じゃなくて8回。

さくらサーバがよういしたのは、なんかhotfixのテスト的なことや、対応を本番化する前に本番を模して一時的なお試しが出来る環境で、リニューアル用とかの開発環境じゃないんだよってことなんですね〜(これも語弊があるのかも、日本語不自由でごめんなさい)

多分「ステージング」って本番のコピー環境ヤンネ、dev環境と本番環境の狭間で一時的に使うヤンネっていうのが普通の認識で、私の客先サイトのずっと使える開発かつステージングができたらいいなっていう勝手な期待と認識ギャップがあっただけなのだけれども。

WPのバージョン違いやらなんやらを一時的にテストするように用意するステージング環境があると便利やろっていうオファー。

私:「なるほど瞬間的には便利だけど運用していくのにはやっぱ別でテスト環境がほしい・・・」

というわけで、ふつーにサブドメ切ってdev環境作るよ〜
瞬発的に必要になったらまたつかおうっと

って書いたら非エンジニアの知り合いからメッセ北

「さくら+WP使ってたら注意せなあかんってことなの?」

いんや、単なるエンジニアの同業者への新機能のレビューです!無視してやってください〜!w

というわけで補足(を転記)

むしろさくらさんが好意で無料でつけてくださったので良いことです◎!

(フォローだとなぜかさん付け&丁寧語にw)
WP5にアプデするの怖いよーってときに、テストする環境がない人がアプデしたらどうなるだろ?って一瞬使ってみるのとかにはすごく便利そうな機能だと思いますよ!
(わたしは開発専門で、お客様のサイトにはテスト環境を必ず用意するので、そういう人は使う機会があまりなさそうでした。残念☆)

公式docs

さくらのレンタルサーバ バックアップ&ステージング機能完全攻略 | さくらのナレッジ
https://knowledge.sakura.ad.jp/14143/

【バックアップ&ステージング】バックアップ&ステージングとは – さくらのサポート情報
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000205582–%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%81%AF-

バックアップ&ステージング – レンタルサーバーはさくらインターネット
https://www.sakura.ne.jp/function/backup_staging.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください