【SSL】Let’s Encryptは有効期間が90日間(約3ヶ月)の証明書です【メモ】

言いたいこと

  • Let’s Encryptは無料だけど有効期間が90日間
  • さくらサーバのLet’s Encryptはスクリプトが走ってて自動更新されている
  • ありがとうさくら

以下に詳細を。

恐怖、自社サイトのSSL有効期限切れ(前段)

お仕事の概要メールに直接プロジェクトに関係のないとある制作会社のURLリンクがあったのですが、
そちらを叩いたら、非SSLサイトに出るアレがでたんです。
そう「この接続ではプライバシーが保護されません」
いただいたのはhttpのURLだったのですが、httpsにリダイレクトが走っているようで、
リダイレクト後に死亡が確認されました。
oh・・・

やだな〜やだな〜こわいな〜こわいな〜〜

常時SSLの副産物、SSL証明書(有効期限)管理業務


副産物ってか常時SSLじゃなくても管理しようねって話ではありますが・・・。
御社、きっとホントは設定してたけど忙しくされてて有効期限がきれてしまったんだね・・・っておもって
なにげにぐぐってみたら
SSL有効期限を確認できるサイトがありました。
ドメインのwho isと同じで第三者でも調べられるんですね。

SSL有効期限チェッカー | COMODO JAPAN
https://comodo.jp/navi/sslchecker

URLいれてみたら・・・二日前に切れとる〜!!
担当者さん起きて〜!!ガクブル!

Let’s Encryptは有効期間が90日間

肝に銘じましょう

今使ってるさくらのLet’s Encryptはどうなんかチェックしました

え、で、俺は大丈夫なん?ってことでググる。
わてはさくらサーバでLet’s Encryptの無料SSLつこてます。

公式ブログに有りました。

さくらのレンタルサーバもLet’s Encryptに対応しており、コントロールパネルにてワンクリックするだけでWebサイトのSSL化と自動更新の設定が完了します。

無料証明書と有料証明書の違い | さくらのSSL
https://ssl.sakura.ad.jp/column/free-or-paid/

さくらサーバのLet’s Encryptはデフォで自動更新

何も考えてなかったけどスクリプトが走ってるのね。
さくらさんいつもありがとう。
あとはWP動作最適化が古いサーバー契約でもしていただければありがたいな。(今は新規契約分から随時)
ぺこり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください