Garmin Forerunner 620を買いました(選定の理由と他のモデルとの違いなど)

京都マラソンまでもう数日なのに・・・

こないだのNadi北山マラソンでもご一緒したやさしい仙人(フルを3時間10分で走る人。私の頭の中での呼び名)が練習でペースランナーをしてくれたんやけど、そんときつかってたのがやっぱしGarminで、ペースや高度にあわせて的確に導いてくださったのが印象的だったので、いろいろしらべてネットオークションで買ってしまった。
フォームやピッチなど、今まで気になってたことにアドバイスを貰ったのもあり、GPS+心拍計での数値測定に興味津々。

GarminGPS時計、それぞれの違いと特徴を忘れないうちにまとめとくよ〜

というわけで購入にあたり調べたことをご参考までに。(マラソントレーニング・レース使用目的の用途を想定)

ForerunnerシリーズとForeAthlete ***Jシリーズ

前者が日本語非対応の外国版
後者が日本語対応の日本正規品

※ とはいっても殆ど単語なので英語毛嫌いの人以外は慣れたら日本語じゃなくてもまあ大丈夫かなと。(マニュアルはForeAthleteのやつ見たらわかるし)
※ Forerunnerが発売されるとほぼForeAthleteも出るけど、時期は違ったりするらしい?

型番 2**系 6**系 7**系 9**系

巷で出回っているのはだいたい2**系みたい。最近のは心拍が胸バンドなしでとれるので人気。
6**系は2**系より高くて胸バンドマストだけど精度がよかったりでこちらも人気。
それ以上の 7**系 9**系はウルトラ・トライアスロンなど長時間にも対応とかだったと思う。
オーバースペックなので今回は特に調べてない。
以下バージョンごとの特徴。

マラソンランナーに人気 中スペック 2**系

  • 220 心拍計機能は内包されていない。シンプルにGPSがあってラップが取れればいいって人に。値崩れして2万円以内でカエル。お安いのでいまだに人気。
  • 225 ここで心拍計内蔵型登場!ただし重量が約54gとかなり重め・・(ほかのは41gとか)
  • 235 現在の最新モデル!心拍計内蔵型なのに225からぐっと軽量に。いままで6**系じゃないとできなかった運動能力の指標となるVO2maxが計測できたりそれをもとにレースの予想タイムを教えてくれたりいろんな分析をしてくれる。みんなの憧れ。ただ高い!!3万前半とか。

より正確な計測を ハイスペック 6**系

  • 620 VO2maxが計測出来るハイスペックモデルと言えば620(だった)。235で620とほぼ同じようなことが出来るようになった今も、精度にコダワる人に人気だったり。あとお値段は二万前後なのでお買い得かも。手袋してても使える感圧式タッチパネル、wifi対応。バンドは別売りの単品verと同梱されているセットverがあったりするので注意。
  • 630 235と同時期に出たので心拍計内蔵型になるかと思いきや、やはり胸バンド方式。そんなに違うのか。。。620にくらべて液晶がきれい(らしい)ゲームやカレンダーのアプリが入れられたりする。appleWatchみたいなかんじ?の日常でも使える機能が増えた感じ。ちなみにセットの場合の胸バンドも新しくなりました。

で、結局買ったのが

620!!!

理由は
* 3万も出す気はなかった(235無理〜)
* オークションで安く出ていた(220 225 620 のどれかかな〜)
* 今まで使ってた手動ラップをとれるCasioのやつが29gだったので50gは流石に考えられなかった(225無理〜)
* 自分のピッチやフォームの効率がどのくらいか知りたかった(620 一択や〜!)

まぁ選ぶ人の優先する事によるよねって話ですが。
ご参考までに。

ちなみに

一回使った感想は、快適☆
使って計測値が溜まっていくのが楽しみです!

ただ計測後のデータのアップだけめんどかったのでメモメモ。↓

ガーミン フォアアスリート ForeAthlete620J、ForeAthlete220JがBluetoothでiPhoneに接続できないとお悩みのあなたへ! | ハッスルランニング by ハッスル商店
http://hassuru-running.com/column/article_20140428/index.php?/discoverer/vol_00035.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください