Macで SVGの不要なデータを削除して圧縮する SVGO GUIをインストールして使うまでをメモ

↓これの軽量化のところで書いてたやつ。

SVGをもっとさくさくっと動かし鯛

実際につかってみて
svgの圧縮するのにsvgomgを使おうかと思ったらpunnyPNGみたいにアップロードするのがめんどかったので、SVGOをつっこんだ。

なんか記事はパラパラあるものの、流れがよーわからんかったのでメモ。

SVGOをDL

SVGOはnodejsで動くのでnode入ってる前提。
How to useを見たらかいてあるように黒い画面(ターミナル)でインストールしたら使える。

インストール

$ [sudo] npm install -g svgo

GitHub – svg/svgo: Nodejs-based tool for optimizing SVG vector graphics files.
https://github.com/svg/svgo

使い方

How to useを見たらかいてあるように黒い画面(ターミナル)でコマンドをたたく
with folderの記述で使ってたけど、フォルダわけ細かったからめんどい。

SVGO GUIをつかってドラッグアンドドロップでやり鯛

黒い画面でいちいちパス貼り付けるのめんどくさいよう。
使いやすいUIをくれUIを。てなわけでSVGO GUIをDL。ホントはAutomatorとかでショートカット作ってもいいけどもう随分やってないからDLしたほうが早そうだった。。

GitHub – svg/svgo-gui: Node-WebKit based GUI for SVGO
https://github.com/svg/svgo-gui

下の方にDLリンクが有る。
「ふええDLしても開けないよう///」って場合は解凍ソフトをDLしてそれで開く

The Unarchiver on the Mac App Store
https://itunes.apple.com/us/app/the-unarchiver/id425424353?mt=12

ドラッグアンドドロップで使える→めでたしめでたし。

多いもので30%,少ないものだと5%の圧縮。そんなものか。もともとがそんなに大きいサイズじゃなかったけど、まぁ、容量減るならいいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください